かねだい我孫子店 担当者ブログ

お店にいる犬猫の最新情報はこちら

熱帯魚・その他沢山の生き物の入荷情報をお知らせします。

キャッシュレス決済5%OFF

10月21日よりVISA・Masterクレジットカードで5%OFFが対象となりました
12月1日よりJCB・アメリカンエキスプレス・ダイナース 5%OFFが対象となりました。
11月11日よりPAYPAY 5%OFF対象となりました。

メールアドレスが変更になりました

通信販売をご希望のお客様は下記のアドレスへ送信して下さい。
商品に関するお問い合わせは、お電話にてお願いします。

kanedai_abiko@yahoo.co.jp

※メールを確認できる時間が限られております。
お急ぎの場合には、お電話にてお願い致します。

なんだかなー。

こんばんは

水曜日の犬担当です

今日は今週の月曜日に入舎したミニチュア・ダックスに触れて見たいと思います

IMG DHM1

この仔なんですが

お父さんが『カニンヘン』です

IMG DHM4

これを見たお客様に『カニンヘン』ってなによ とよく聞かれるので
その御説明をしたいと思います

ダックスフントはもともと、アナグマを獲る10kgを超えるぐらいの体格の犬でした
これが、いわゆる『スタンダードダックス』

これをウサギ狩りに使うためウサギの穴に入れるように小型化したのが『ミニチュアダックス』
体重も5kgくらい


それをさらに小さくしたのが『カニンヘンダックス』です
体格にも規定がありこの仔の所属するJKCでは胸囲30cm以内、体重3.5kg以内
(だったと思う・・・)に決められています。

つまり、この仔はお父さんがミニチュアよりも小っちゃいからこの仔も通常のミニチュアダックス
よりも小さい体格で収まるかもしれませんよー
と、言うことです

IMG DHM2

今も結構小さめです。

ただ、この仔の血統書は『ミニチュア』で登録してるのであくまで目安としてのお話です


長々説明してきましたが結果としては「なんだかなー。」という感じですね

IMG DHM3

最後に役に立つ豆知識を
ダックスは【ダックスフンド】という時と【ダックスフント】という時とありますよね
どっちが正しいかというと、どっちでもいいんです
英語読みだと【ダックスフンド】ドイツ語読みだと最後のdは濁らないので【ダックスフント】
なのです。  

ドイツの犬ですからね

では、また来週




スポンサーサイト